個人向け・ライフコーチ

自分に自信を持つ、自分を好きになる方法

自分に自身を持ちたい
自分を好きになりたい
そして、ありのままの自分でいたい

どうしたら、そうなれるでしょう。
なぜ、あなたはそう思うのでしょう。

90%と言われる無意識の思考や言動の癖を知っていますか?

これは「自分に自信を持つ・自分を好きになる」ためにはとても大切な気づきであり、そこから大きく変化をしていくのです。

なぜなら、私たちの思考や言動は、過去の出来事や体験が大きく影響しているからです。

わかりやすく言うと、育った環境や幼少期の親とのコミュニケーションが、今のあなたのコミュニケーションに大きく影響しているということです。

これは、良い悪いではなく、自分でも気づいていない無意識の思い込みはストッパーやブロックにもなれば、力づけにもなることもあるのです。

・頑張らなければいけない
・思ってることを言ってはいけない
・我慢しなければいけない

「こうあるべき」という無意識の思い込みや価値観に気づき、異なる視点で見てみましょう。

このパーソナルコーチングでのメリット

本当に話したいこと、本当に悩んでいるテーマを話すことができるコーチングです。
相手がどう思うかを考えず、あなたの感情をそのまま言語化することができます。

本当の自分と正直に向き合うということです。

1)1対1の完全個別である
2)あなた自身の気持ちや感情により素直に向き合える
3)本当に話したいこと、出したいテーマを言葉を選ばずに話せる

意識は10%、無意識は90%
この無意識の90%の領域にある思い込みの癖や言動はブロックやストッパーと言われるものです。

ブロックやストッパーははずすとは限りません。なぜなら、自分を守るものだからです。

あなた自身が、手放すか?書き換えるか?そのままか?を選択することができます。

コーチとしてクライアントの尊厳を大切にしていますので、継続していく中でコーチが判断し不要な思い込みを手放すサポートをします。

「自分に自信がない」ことで、夫婦や親子・友人、上司と部下といった多様な人間関係で悩む方は多くいらっしゃいます。

NLP(神経言語プログラミング)をベースにしたセッションで、丁寧に紐解いていきましょう。

「こんなに話を聞いてもらえるとは思いませんでした」

人は「わかってくれた」と感じたとき、つい色んなことを話してしまいます。
それは、その瞬間に信頼関係が生まれているからです。

そして「自分のやりたいことを、やりたいように、やれるように」になります。

普段、本当に辛く深く悩んでいることに蓋をしていませんか?

そして「もう済んだことだから忘れよう」というようにも考えていませんか?

蓋をすることも忘れようとすることも悪いことではありませんが、心の準備ができたときに向き合う必要があります。

  • なぜ、辛いのか?
  • そして、本当はどうしたいのか?

とてもシンプルな言葉ですが、これが90%の潜在意識への大きなアプローチになるのです。

無意識のブロック、ストッパーとは?

クライアント様の体験談です。

「自分が嫌いなのが辛いです」
私は社交的と言われるのですが、集団が苦手で自分を作ってしまう人間関係に疲れていました。

だったら付き合わなきゃいいのに…ありのままでいたい…だけど、素の自分は誰も好きになってくれない。そんな風に自分を責める癖もつらく、自分のことが嫌いでした。

唐木さんのセッションで「愛されないって、なぜ、わかるの?」と聞かれてから、自問自答してることに気づきました。そして、自分が大切にしていた価値観を知り、捨てたかった癖の形を変えました。

今は、ありのまま「私は私」という軸がしっかりとあります。

はじめの頃、とても重くて厚い鎧を着てるようです、とおっしゃっていました。
脱いでも脱いでも鎧を着ていると。

  • 明るくないと好きになってもらえない
  • みんなに優しくしないと影口を言われる
  • 多くの人とうまくやらなければいけない

など、多くの思い込みがありました。

でも「本当は、ただ愛して欲しかった」と気づき、自分が何を望んでいるかがわかったそうです。

多くの方が、何かを望んだ時に止める癖を持っています。

『好きなことをしたい』 → 『でも、迷惑かけるんじゃないか?』
『私は◯◯と思う』 → 『でも、どうせ私の意見は間違ってるし』
『子供の好きにさせたい』 → 『でも、失敗したらかわいそう』

この「でも」が、あなたが過去の経験から身につけた無意識のストッパーです。
大切なものを守ってるといったケースもあるので、丁寧に触れていきましょう。

<人間関係・生き方・子育て>の悩み

✔ 自分らしく生きたい
✔ 自分を好きになりたい
✔ ありのままの自分を認めたい
✔ 駐在先での人間関係に悩んでいる
✔ 失敗が怖くてチャレンジできない
✔ 自分なんて…と自信が持てない
✔ 怒りや恐れから解放されたい
✔ 人と比べて自分を否定してしまう
✔ 集団の中にいると疲れてしまう
✔ 生きづらさを感じていてる
✔ 思ってることが言えない
✔ 夫婦関係を修復したい
✔ この先の人生、これで良いのか?
✔ 会社に行きたくない
✔ 不登校、引きこもりで悩んでいる
✔ 子供が勉強をしない
✔ 子供が考えていることがわからない
✔ 良かれと思ってアドバイスするのに聞かない
✔ 朝、なかなか起きてこない
✔ 子供が思うようにできないは自分のせいだと思っている
✔ 子供に申し訳ないと思っている
✔ スマホやゲームを注意できない
✔ 親が好きなことをさせてくれない(お子さんのケース)

いかがでしょう、当てはまるものはありませんか?

今の時代、本やSNSで「自分に自信を持つ方法」や「自己肯定感を高め方」を知ることは可能です。

その知識をどう使うかは、人によって悩みや望みは違うので異なります。

本当の問題は何か?
本当はどうしたのか?
それは、誰の問題なのか?

それらに合わせたコーチングで、今は想像もしていない可能性や未来が見えてくるのです。

自己肯定感、大人になっても高められるのか?

水が入ってるコップを見て「半分しか入っていない」と思うか、「半分も入ってる」と思うか。

「ある」にフォーカスするのか「ない」にフォーカスするのか。
よく聞く、マイナス思考からプラス思考への転換させる手法です。

子育てにおいても「子供のできる」or「できない」を見るかで、子供の意欲と可能性への方向が大きく違ってきます。

行動が遅い 慎重である
飽きっぽい 好奇心旺盛
負けず嫌い 向上心がある
自分の意思がない 柔軟性がある
わがまま 自分の意見を持っている

①悩みのもとになってる事柄を明らかにする
②「なぜ?」理由を掘り下げる
③さまざまな角度から検討してみる

一気にプラス思考にする癖をつけるのではなく
「なぜ、私はそう思うのだろう」と多角的に考え、続けることで無意識にマイナスからプラスに物事を捉えられるようになります。

自己肯定感とは
自分が自分について、どう思い、どう感じるかということです。
何かと比べて自分を評価せず「どんな自分でも良い、ありのままの自分を認める」
人は、うまくいってるとき自信があります。
しかし、失敗したとき自分を責めたり、落ち込む自分をダメだと評価します。
「そんな自分」を受け入れ、認められる人が自己肯定感が高いと言えます。
高いから良い、低いから悪いではなく、この感覚が高い低いが人生に大きな影響を与えるのです。

なぜ、コミュニケーションが下手なのか?

「言ってることがわからない」
「話が通じない」
「話が噛み合わない」

  • 親や友人の言ってる意味がわからない
  • 部下に指示をしても伝わらない

そんな経験はあるのではないでしょうか。

人により優位となる代表システムは違うので、システムが違う人同士の会話が噛み合わないのは仕方ありません。

代表システムとは
人の五感は、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚の五感を通じ、情報を処理しています。
これをNLPでは3つの頭文字をとり「VAK」と呼んでいます。
①視覚(Visual)
②聴覚(Auditory)
③触覚&味覚&嗅覚をまとめ身体感覚(Kinesthetic)
<カレーライスの話で例えると>
①視覚の方は「うちのカレーはじゃがいもが大きくて…」と映像の説明をする
②聴覚の方は「うちは◯◯と◯◯という香辛料を必ず入れて…」と自分のこだわりを伝える
③体感覚の方はカレーライスの味を思い出し、その感覚を伝える

私自身、父親に「お前の言ってることはわからない」と言われ、自分のことをずっと頭が悪いと思っていました。

私が①視覚、父は②聴覚でしたから「噛み合っていない」話が平行線になるのも仕方ないことでした。

私は父と話をするとき、頭に浮かんだ映像を1から10まで説明をしていました。

父は聴覚なので「要点だけ言え、お前の言いたいことは◯◯か?」と聞いてきたとき、そんな風に話したいのにできない自分は頭が悪いと思っていました。

NLPの講座を受けて「コミュニケーションでは使う代表システムが人によって違う」と知った時、人間関係のストレスの原因は自分じゃないんだと楽になり、もっと早く知りたかったと思いました。

代表システムはトレーニングすれば伸びるので、誰とでもコミュニケーションが取れるようになります。
ということは、人間関係も自分次第で変わるということです。
更に、コミュニケーションの苦手意識もなくなります。

人は「わかってくれた」と感じたとき、つい色んなことを話してしまいます。
それは、その瞬間に信頼関係が生まれているからです。

ご感想

<小児科医師> 樋口麻子 様
私自身が見ないようにしているところを見抜き伝えてくれます。他の方に言われたら疑問に思うようなことでも、うーん、、、と考えさせてくれるので大きな気づきがあります。まだ見えない未来を一緒に見てくれてるような安心感があります。唐木さんに言われ気づいたことは、後で花開くので不思議です。
<子育てコーチ・トレーナー> 鈴木友子 様
私はセッションを受けることで、求めていた感覚が手に入り、在り方が変わりました。
具体的には どんなことをやっていくかも明確になるそんなコーチングでした。とても信頼できるコーチです。
<40代・女性>
感情のまま話したのははじめてでしたが、本当に自分と向き合うことができたと思います。自分のことが嫌いなことが苦しかったのですが、なぜ嫌いなのかを考えた時、とても大切にしてるものがあると知りました。今は、落ち込んでも失敗しても冷静になれるので、自分として受け入れることができるようになりました。これが、自己肯定感というものなのかもしれません。
<ご家族>お父様:会社員/お母様:主婦/お子様:高校生
【お父様】唐木さんのビジネスコーチで成果を得たと同時に子供との会話が増えていました。【お母様】子供の顔色を伺わず、親としての軸を持って伝えるようになりました。【お子様】両親以外の大人に聞いてもらうのは初めてでしたが、ちゃんと聞いてくれてる感じがしました。好きなことを続けて大丈夫と思えました。

コーチングプランと料金

※セッションは、個室で行います。

コース セッション回数 サポート期間 料金(税込) フォローアップ
シンプル

今の問題に特化したサポート

3回 3ヶ月 128,000円 なし
スタンダード

根本的な問題解決から
自己実現までをサポート

6回 6ヶ月 250,000円 1回/90分
継続コース
スタンダード終了者限定
目標達成後の新しい可能性への

ご提案とサポート

5回 1年 128,000円 なし

体験セッション

体験セッション
体験セッションでは、あなたが今抱えている問題や悩みを丁寧に紐解きます。思考パターンに気づき、マイナスの感情の意図を知ります。そして、欲しい成果やなりたい自分への行動を提案します。

お申し込み・コースのご相談等のお問い合わせはこちらです

ご予約・お問合わせ

あなたの「本当にやりたいこと」をやりたいように、やれるようにする、パーソナルコーチングです。