ビジネス向け・エグゼクティブコーチ

目標達成に特化した、エグゼクティブコーチング

NLP(神経言語プログラミング)をベースにしたエグゼクティブコーチング。
経営者・会社員をはじめ、販売業・コーチング業の方に適しています。

仕事のパフォーマンスが思うように上がらない
✔ 上司に認められたい、部下の信頼を得たい
✔ リーダーなのに自信がない
✔ 頑張っても評価されない
✔ 顧客とコミュニケーションが取れない
✔ 女性だと同じように評価されない不安がある
✔ 部下が指示したことしかやらない
✔ 仕事での人間関係にストレスを感じている
✔ 目標があっても行動できない
✔ 仕事とプライベート、両方を充実させたい
✔ クライアントが満足しているのか不安

いかがでしょう、こんな風に思っていませんか?

今の時代、自己啓発本やインターネットで
目標を達成するためのノウハウや問題解決の手段を知ることは可能です。

しかし、言語化することで思いもよらない発想や考えが浮かびます。
それらを、あなた自身の目標にどう当てはめていくのか?

モチベーションアップだけで終わらない、継続可能な行動計画で目標達成のサポートをします。

このエグゼクティブコーチングのメリット

経営者や組織のリーダーが、ご自身の肩書きは脇に置き、気兼ねなく話すことができます。

リーダーが変われば、組織は変わります。

悩まなくなり、向かう方向や自分の立ち位置が明確になった。

問題解決の課題を見つけストッパーをはずすので、あなたのあるべき姿が明確になります。

 

自分が変わったら、アドバイスや意見をすることが多かったのに、部下に興味を持って質問することが増えました。

シンプルですが、相手の話を聞くということは部下のモチベーションがアップします。

 

仕事で成果が出たと思ったら、家族との関係も良くなっていきました。

売上など、具体的な目標を達成したい場合、顧客とのコミュニケーションが大きく影響します。

コミュニケーション力が上がるということは、円滑な人間関係が送れるようになるのです。

営業職の方は、営業スタイルがガラリと変わり、顧客との信頼関係を築くことが可能になります。

1)1対1の完全個別
2)コミュニケーションスキルが身につく
3)過去の出来事や体験から気づいていない潜在能力を見つける
4)成功を体感し記憶する

目的地の違う人たちと同じ道を進むより、あなたの道を見つけ進んだ方が早く到着します。
これが、集団コーチングとの違いです。

また、意識は10%、無意識は90%と言われています。

この無意識の90%の領域にある”思い込みの癖や言動”はブロックやストッパーと言われるものです。

ブロックやストッパーをはずすことも書き換えることも可能ですが、手放す必要がないケースもあります。

1対1で目標を見据えながら「必要なもの・そうでないもの」を区別し、具体的な行動を起こすので成果が出やすいのです。

『出世が予想よりも1年半も早まった』というクライアント様もいらっしゃいます。

目標設定ポジションが明確になり
目標達成ビジョンを体験するので
より早く手に入れることが可能なのです。

リーダーが変われば会社、組織は変わり
コミュニケーション力がつけば、顧客との信頼関係がうまれます。

制限を知り、決断力・行動力を身につける

目標達成には行動することが重要である、とよく言われます。

しかし、私たちには過去の経験から得た”行動を止める思考パターン・思い込み”があります。

「自分にできるだろうか?」
「失敗したらどうなるだろう?」

これが「ブロック、ストッパー」と言われるものです。

クライアントさま
クライアントさま

売上がなかなか達成できないのは、目標設定が大きすぎたからかもしれない。
設定を変えた方がいいのか?

これは過去に達成できずに失敗した経験に紐づいています。

この場合、できない理由を探し、できない行動をとっていきます。

達成しないのが前提の行動しか知らないので考え方や行動を変える必要があります。

この制限となるブロック・ストッパーを「はずす」のか
または、書き換えて新しい資質にし「強み」にするのか。

これは、あなたの思考や行動に影響を与える価値観が明確になります。

①達成した経験や失敗の肯定的なことを見つけ
②制限となっているストッパーを強みに変える
③だから行動が変わる

あなたは、どんな目標がありますか?
もし、行動していないとしたら、それはなぜでしょう?

行動を止める思考パターンや思い込みを知ることは、未来への決断と行動を大きく変えます。

やりたいのに、やらない。
現状と目的のギャップを埋めていきましょう。

成功している人は自己認識力が高く「できない理由」より「自分には何ができるか?」を考えています。

成功を体験し、記憶する

失敗をイメージしリスク回避は考えることはできても、目標達成をした自分をイメージすることは少ないのではないでしょうか。

目的が達成したとき、またはゴールが見えたとき、あなたがどうなっているかを体感します。

クライアントさま
クライアントさま

私がマネージャーになれたのは運が良かったからです。
いつか知識がないことがバレそうで不安です。

このクライアント様は、最近までエンジニアとして現場で活躍していました。

唐木仁美
唐木仁美

本当に望むビジョンは、どんなものですか?

クライアントさま
クライアントさま

なれるなら、更に上のポジションにいってみたいです。

詳細を伺い、具体的なタイムライン上で擬似体験するので、より深く体感することが出来ます。

さらに、無意識に自分は何ができるか?と資質(リソース)を探すようにもなっていきます。

結果、このクライアント様は2年後に設定していた目標が1年後になり、更にその先の目標設定(メタアウトカム)ができました。

今の目標は達成する、という前提が確立したことにもなります。

「可能性」と「成功」を擬似体験し、目標が達成したときの自分と更なる可能性を発見してください。

頑張りを評価されたあなたは?
あなたのイメージする意欲的な組織とは?
顧客の信頼を得たら売上はどうなる?

「成功や可能性をイメージすることは、手にした未来の記憶を作ること」です。

行動の実行と検証

自己肯定自己認識を高めても、単なるモチベーションアップのコーチングなら必要ありません。
あなたに必要なのは、行動が持続可能なコーチングです。

セッション後、毎回必ずコーチからセッションの内容をまとめたレポートと課題を送ります。

①やってみてどうだったか?
②更に、何か必要なアクションはなかったか?
③他の選択肢はなかったか?

コーチは、別のアイディアや解決策、選択肢が取れるように行動をサポートします。

実際には、コーチが想像していた以上の結果をつくり出してきます。

なぜなら、クライアントはセッション中に結果をつくり出す擬似体験をし、コーチは更にその先の目標(メタアウトカム)を達成した姿を見ているからです。

重要なのは、あなた自信が決めたアクションであっても「やらなければいけない」ということではなく、できること最適なことをコーチが提案することなのです。

「決めたことは、やらなくてはいけない」という思い込みは、最適な行動を見落とします。

成果への一歩は「できないことより、できることを知る」なのです。

 

自分に100点を求めるのは当たり前だと思っていました。全てのことに100点を求めるのではなく、できてるところに焦点をあてていくことで、結果、総体的に100点の評価をもらえました。

目標達成の近道は、最適な行動を見つけることです。

コミュニケーションスキルの身につけ方

「言ってることがわからない」
「話が通じない」
「話が噛み合わない」

・親や友人の言ってる意味がわからない
・部下に指示をしても伝わらない

そんな経験はあるのではないでしょうか。
人により優位となる代表システムは違うので、システムが違う人同士の会話が噛み合わないのは仕方ありません。

代表システムとは…
人の五感は、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚の五感を通じ、情報を処理しています。
これをNLPでは3つの頭文字をとり「VAK」と呼んでいます。
①視覚(Visual)
②聴覚(Auditory)
③触覚&味覚&嗅覚をまとめ身体感覚(Kinesthetic)
<カレーライスの話で例えると>
①視覚の方は「うちのカレーはじゃがいもが大きくて…」と映像の説明をする
②聴覚の方は「うちは◯◯と◯◯という香辛料を必ず入れて…」と自分のこだわりを伝える
③体感覚の方はカレーライスの味を思い出し、その感覚を伝える

私自身、父親に「お前の言ってることはわからない」と言われ、自分のことをずっと頭が悪いと思っていました。

私が①視覚、父は②聴覚でしたから「噛み合っていない」話が平行線になるのも仕方ないことでした。

私は父と話をするとき、頭に浮かんだ映像を1から10まで説明をしていました。
父は聴覚なので「要点だけ言え、お前の言いたいことは◯◯か?」と聞いてきたとき、そんな風に話したいのにできない自分は頭が悪いと思っていました。

NLPの講座を受けて「コミュニケーションでは使う代表システムが人によって違う」と知った時、人間関係のストレスの原因は自分じゃないんだと楽になり、もっと早く知りたかったと思いました。

代表システムはトレーニングすれば伸びるので、誰とでもコミュニケーションが取れるようになります。
ということは、人間関係も自分次第で変わるということです。
更に、コミュニケーションの苦手意識もなくなります。

人は「わかってくれた」と感じたとき、つい色んなことを話してしまいます。
それは、その瞬間に信頼関係が生まれているからです。

職場・プライベートでの人間関係だけでなく、販売実績をあげるためにも重要なシステムです。

クライアント様の変化とご感想

予想よりも1年半も早く出世できた

自分が変わることで、部下の見え方が180度変わりました

グダグダ悩まなくなった。悩んでも切り替えが早いので、仕事が楽しくなった。

仕事で成果が出たと思ったら、家庭も良くなっていたことに気づきました。

<40代・会社経営者> 
私は会社を継いだので、自分がやりたいことがあっても具体的に考えることがありませんでしたが、アウトカム(目標)を意識するようになり考えることが増えました。また、疑問点があっても先延ばしていたことも具体的に考えるようになり計画的にもなりました。
<鍼灸院 院長>
やめたい習慣の肯定的意図に気づき「これで大丈夫」と、できてることにフォーカスするようになりました。やめたいと思っていた行動や習慣を認められたら、ついついやりすぎてしまうことが、ほどほどに。「ついつい」が「ほどほど」になったことで経営者としても余裕を持つことができるようになりました。
<上場企業 管理職>
部下が伝えたこと以上のことをやらないのは、私自身が「できない」と決めつけていたからだと気づきました。仕事でのコミュニケーション力がつき、チーム内が意欲的になってきました。信じて任せることができるようになり、私自身がやるべきことが見えるようになりました。1年後、さらに上を目指すことにしました。
<子育てコーチ・トレーナー> 鈴木友子 様
コーチとしてどうありたいかが明確になりました。そして、思っていたよりも早く子育てワークショップを開催することができました。また、ワークショップの組み立て方や進め方を教えていただいたことで、参加者様にもとても喜んでもらうことができたことは今後の大きな自信になりました。

コーチングプランと料金

※セッションは個室で行います。

コース セッション回数 サポート期間 料金(税込) フォローアップ
シンプル

今の問題に特化したサポート

3回 3ヶ月 128,000円 なし
スタンダード

根本的な問題解決から
自己実現までをサポート

6回 6ヶ月 250,000円 1回/90分
継続コース
スタンダード終了者限定
目標達成後の新しい可能性への
ご提案とサポート
5回 1年 128,000円 なし

まずは体験セッションで変化を実感してください。

体験セッション
体験セッションでは、あなたが今抱えている問題や悩みを丁寧に紐解きます。思考パターンに気づき、マイナスの感情の意図を知ります。そして、欲しい成果やなりたい自分への行動を提案します。

お申し込み・コースのご相談等のお問い合わせはこちらです

ご予約・お問合わせ

あなたの「本当にやりたいこと」をやりたいように、やれるようにする、パーソナルコーチングです。