可能性と行動・自己実現に特化したパーソナルコーチング

ビジネスでの目標達成・なりたい自分になる
無意識の90%の可能性に気づき
本当の自分を発見します。

体験セッション

パーソナルコーチングの特徴

『ビジネス:あなたの欲しい成果を/個人:本当の自分を』それらを手に入れるパーソナルコーチング

ビジネスシーンで…
成果を手に入れるために、あなたが持っている可能性・実行する力に気づきます。

日常生活で…
人間関係で抱えている問題や悩みを解決します。

自分に自信を持つことや自分を好きになるために必要なのは、自分の可能性に気づくことです。

そして、無意識に止めているストッパーや思考の癖にも気づき、モチベーションを維持したまま「なりたい自分・欲しい成果」を手に入れていきます。

「コミュニケーション」は、日常生活の人間関係だけではなく、ビジネスにおいても欠かすことができません。
また、コミュニケーションは職場や家族、友人との人間関係だけではありません。
あなた自身ともコミュニケーションをとる必要があります。

こんな自分になりたいと思ったことありませんか?

経営者やビジネスマンの方
✔ 業績・売上を上げたい
✔ リーダーとしてチーム力を高めたい
✔ 上司、部下とコミュニケーションをスムーズにしたい
✔ 転職・スキルアップをしたい
個人の方
✔ 自分は、本当はどうしたいのかを知りたい
✔ 本当の自分・ありのままの自分でいたい
✔ 家族や友人などと、スムーズな人間関係を築きたい
✔ 悩みから解放されたい
✔ 子供の成績をあげたい

どちらも「目的を止めているのは自分だった」ということも少なくありません。

意識は10%、無意識は90%と言われます。

この9割の可能性に気づき、本当のあなたが、やりたいことをやりたいように。
そして、目標を実現する為に行動をサポートしていきます。

 


このパーソナルコーチングは、問題・課題をクリアにし、目標(アウトカム)へ進むので、日常でもモチベーションを維持し続けます。

だから、目標達成や本当の自分になることが可能なのです。

3つの手法で目標を達成する

①カウンセリング: 問題・課題を整理し、自己肯定感を高める

問題の解決はもちろんですが、あなたが問題と思ってることは本当に問題なのでしょうか?

改善をしなければと思っていることが、実は必要なことだったというケースも多々あります。

リーダーとして成績を上げることができない

ついつい先延ばしにしてしまうことが多い

人の目ばかりを気にしている。

子供とコミュニケーションがうまくとれない。

目標達成や自分を変えるためには、まずは問題や課題を整理しクリアにする。
そして、本当に必要な行動ができるようになります。

②コーチング: 成功・可能性への行動に欠かせない自己認識力の向上

目標を達成する、なりたい自分になるために自分を知り自己認識力を上げるのはとても重要です。

あなたは自分の資源(リソース)を知っているでしょうか?
目標達成や本当の自分になるために必要なスキル、ツールが何かを棚卸し、ひとつずつ強みとして行動に変えていきます。

自分では欠点だと思っていることも、人にとっては長所である場合も多いのです。

部下の良いところが見えるようになり声のかけ方が変わったので、相談をされることが増えました。

チーム力や売上をあげたい場合、自分が何を大切にし、どんな意図を持っているかで言動が変わります。

<例えば、販売員の方の場合>
「このお客様は興味ないんだろうな」
そう思うと売上にはつながりませんが、感謝を持つと売上につながるのはなぜでしょう。
それは、感謝が無意識に言動となるからです。
これが、非言語がつくり出す成果です。

自分の資源(リソース)を知ると無意識に相手の資源を探すようになります。
結果、自分の相手も意欲的になるのです。

イライラしてしまうのは楽しいという価値観を大切にしてるから、と気づいたら自分を責めなくなり、やってみよう!と思うことが増えました。

自分の大切な価値観を知ることで自分の可能性が見えてきます。
また、擬似体験をすることで行動が大きく変わっていきます。

ビジネスでも日常生活でも、自分を知ることが大切であるのは同じです。

③ヒプノセラピー:無意識の能力・可能性の発見

このパーソナルコーチングで使うヒプノセラピーとは?

私たちは「意識が10%、無意識が90%」で構成されているといわれてます。
ということは、あなたが気付いていない能力や可能性は無意識の90%にあるということになります。

呼吸を整え自分の軸を明確にします。
そして無意識の90%へ問いかけるので、肯定的な気づきを発見します。

否定的な行動をとっていた本当の理由がわかります。

ブロックやストッパーという言葉を聞いたことはあるでしょうか。

チャレンジしたいと思った時、無意識に自分自身が止めてしまうことがあります。

唐木仁美
唐木仁美

なにがチャレンジを止めていますか?その嫌な感覚を思い出します。

・会議で発言したいのにしない
・手伝って欲しいのにお願いできない
・新規開拓したいのにできない

このように「したいのにやらない、出来ない」ことがあります。

私たちは、自分の過去の経験から無意識に決めてしまうことがあります。

止めているものに気づいたら手放すことも
必要なら書き換えることも可能です。

そして、力づけの資源(リソース)に変えることさえ出来るのです。

コーチ紹介

唐木仁美(からき ひとみ)

NLP【神経言語プログラミング】に携わり9年。
※2019年6月現在

(株)CPI(旧NLP研究所)にてセミナーコーディネーターとして4年

■NLPマスタープラクティショナー
■ヒプノセラピー
■エグゼクティブコーチ/堀口メソッド

プロフィール
経営者、個人向けのパーソナルコーチをしています。NLP(神経言語プログラミング)をベースに、カウンセリングやヒプノセラピーを使ったコーチチングが特徴です。セミナーのコーディネーターとして活躍。「出世が1年半も早まった」「仕事で成果が出たと思ったら家庭も良くなっていた」など、成果あるコーチングに評判を頂いています。

娘の通う学校で「子供のやる気スイッチを入れるコミュニケーション講座」に参加し、間違ったコミュニケーションをとっていたと衝撃を受けました。

これがNLP(神経言語プログラミング)との出会いです。

父親に「お前の言ってることはわからない」と言われ、自分のことをずっと頭が悪いと思っていました。

また、当時、PTA会長を務める中でコミュニケーションが難しく、良くしたいと思っていても上手く伝えることができず、空回りしているように感じていました。

NLPの講座を受けて「コミュニケーションでは、使う代表システムが人によって違う」と知った時、人間関係のストレスの原因は自分じゃないんだと楽になったんです。

伝わらないのはシステムの違いだった。

NLPでは、この3つを代表システムと呼んでいます。

①視覚
②聴覚
③体感覚(触覚、味覚、嗅覚)

人により優位となる代表システムは違うので、システムが違う人同士の会話が噛み合わないのは仕方ありません。

代表システムとは…
人の五感は、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚の五感を通じ、情報を処理しています。
これをNLPでは3つの頭文字をとり「VAK」と呼んでいます。
①視覚(Visual)
②聴覚(Auditory)
③触覚&味覚&嗅覚をまとめ身体感覚(Kinesthetic)
<カレーライスの話に例えると>
①視覚の方は「うちのカレーはじゃがいもが大きくて…」と映像の説明をする
②聴覚の方は「うちは◯◯と◯◯という香辛料を必ず入れて…」と自分のこだわりを伝える
③体感覚の方はカレーライスの味を思い出し、その感覚を伝える

私自身が、父親に「お前の言ってることはわからない」と言われ、自分のことをずっと頭が悪いと思っていましたのは、私が①視覚、父は②聴覚だったからです。

「噛み合っていない」と、話が平行線になるのも仕方ないことでした。

私は父と話をするとき、頭に浮かんだ映像を1から10まで説明をしていました。
父は聴覚なので「要点だけ言え、お前の言いたいことは◯◯か?」と聞いてきたとき、そんな風に話したいのにできない自分は頭が悪いと思っていたのです。

この3つの代表システムを使えるようになり、PTAや子育て、職場において円滑なコミュケーションが取れるようになり、人間関係に悩むことがなくなりました。

子供との関係性も大きく変わりました。

ある日、子供が「ありがとう」って言ってくれたんです。

コミュニケーションを学んだことで、子供の出来ないことを見るのではなく、出来ることに焦点を当てられるようになっていました。

それまでの私は、出来ないことばかりを見て、不安や心配でいっぱいの子育てをしてたんです。

涙が止まらなかったのを今でも覚えています。

でも、本当は今までも「ありがとう」と言ってくれていたんです。
自分のできることも認められるようになったので気づくことができました。

信頼関係を築くコミュニケーションで、子供の自己肯定感を高め、意欲的に育てる事ができました。
社会人になった子供達は、自分の可能性を信じて行動することが当たり前になっているように見えます。

自分のやりたいことを、やりたいように、やれるように。
そのサポートが私の仕事です。そのために「聞く・寄り添う」を大切にしています。

情報が多い中、自分がわからなくなることも少なくありません。

自分を知るために、本やインターネットで学ぶこともできます。

実際に「頭で考える&体感する」ことが出来るのが、このパーソナルコーチです。

「本当に自分が欲しい成果、なりたい自分」
頭と体、そして心を一致させるので仕事や家庭において「本当にやりたいこと」「本当の自分」が見えてきます。

あなたも、NLPによるパーソナルコーチングで、ご自分の資質を知り、快適で信頼あるコミュニケーションを人生に取り入れてみませんか。

体験セッションをご用意しています

体験セッションでは今まで使ってこなかったパターンも見つけます。

1)思考パターン・無意識のストッパーや思い込みに気づく(自己認知)
2)マイナス感情の意図を知り、受け入れる(自己肯定)
3)なりたい自分への行動の提案(自己実現)

一度の気づきでも、十分に変わります。

体験セッション
体験セッションでは、あなたが今抱えている問題や悩みを丁寧に紐解きます。思考パターンに気づき、マイナスの感情の意図を知ります。そして、欲しい成果やなりたい自分への行動を提案します。

個人向け・プライベートコーチ

悩みから開放されたくて検索をしたり、本を読んだり。
何が悩みを解決してくれるのかわからなくなる時もあるのではないでしょうか。

誰かの目を気にすることなく、あなたの言葉で話すことができます。
それが、自分に向き合う方法の一つです。

やりたい、言いたい、を止めてる「ブロック」を知り、ご自身の「強み」を発見して「可能性」と「成功」を疑似体験する。

このパーソナルコーチングでは、仕事や家庭において「本当にやりたいこと」「本当の自分」が見えてきます。

個人向け・ライフコーチ
夫婦関係・子育て・友人の関係など、生きてく上でコミュニケーションは欠かせません。また、あなたは、ご自身とコミュニケーションはとれていますか?縛っている思い込みやストッパー・ブロックをはずして本当のあなたで生きていきましょう。

経営者・ビジネスコーチ

経営者・会社員をはじめ、販売業・コーチングをされてる方にお勧めのエグゼクティブコーチングです。

目標設定ポジションが明確になり
目標達成ビジョンを体験します。

だから、より早く手入れることが可能なのです。

リーダーが変われば会社や組織は変わり
コミュニケーション力がつけば、顧客との信頼関係がうまれます。

ビジネス向け・エグゼクティブコーチ
経営者やビジネスマンの目標達成に特化したコーチング。無意識の90%の可能性に気づいてますか?あなたの可能性・ストッパーを知るとゴールへの道が明確になります。